東京・大阪経理代行サポートセンターPowered by スタートパートナーズ会計事務所

012-345-6789 受付時間:XX:00~YY:00(平日)

トップへ戻る 経理代行診断 メールで相談 トップへ戻る

カテゴリ:
2017/04/05 知っておいて損はしない創業融資制度のしくみを詳しく解説

創業融資制度とは、無担保・無保証人で融資が受けられる創業融資制度です。

事業を始めるには、当たり前ですが資金が必要です。自己資金だけで起業できればそれに越したことはありませんが、創業資金を充分に確保して事業をスタートすることは資金繰りを安定させ、事業を早い段階で軌道に乗せるために非常に重要であると言えます。

創業してまもない経営者に金融機関はお金を貸すことはありません。実績も信用もなく信頼できる情報がないからです。そこで活用したいのが創業融資制度です。

古殿
古殿
この記事では、「知っておいて損はしない創業融資制度」についてご説明したいと思います。

 

 

1.創業融資とは

創業融資とは、創業間もない経営者のために設けられた決算書など実績に関係なく借りられる融資制度です。創業時は自己資金だけでなんとかして、お金が必要になったら融資を受けようと考えている経営者の方が多いのですが、いざという時にお金が借りられる保証はどこにもありません。

また、事業を始めてから年数が経過するほど実績を求められるため、決算書なしに融資は受けられません。赤字という実績を作ってしまった後で融資を考えたとしても、難しくなってしまうケースも多いです。

古殿
古殿
創業融資によって、実績がないことを逆手にとって上手に資金調達を行い、余裕をもって事業をスタートできるとよいでしょう。

 

2.創業融資の種類

創業融資には2種類あります。

 

①日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は、100%政府出資の金融機関です。平成20年10月に国民生活金融公庫、農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫、国際協力銀行(国際金融等業務)が統合して発足しました。

日本政策金融公庫には起業に際して無担保、無保証人の第三者保証人等を不要とする融資があります。一般の金融機関ではよほど実績がよくない限り無担保、無保証人では借入できないため、中小企業・小規模事業者の強い味方といえます。

 

②信用保証協会経由の融資

信用保証協会とは、中小企業・小規模事業者が金融機関から事業資金を調達する際に、保証人となって融資を受けやすくなるようサポートする公的機関のことです。

一般の金融機関は、ある程度の取引実績がなければ直接融資する事はありません。まずは、保証協会を後ろ盾にした融資を行います。この保証協会を使う融資のことを「制度融資」といいます。

保証協会が保証人になると、会社が返済できなくなった時は、保証協会が金融機関に残債を返済し、債権者が保証協会に変わります。